皆さんはカラダに不調を感じているでしょうか?日本人の多くは腰痛や首痛など、カラダに何らかの不調を抱えていると言います。

今回は腰痛の原因にどのようなものがあるのか解説していきたいと思います。腰痛でお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

腰痛の原因は大きく、「腰椎を直接障害するもの」、「腰椎を障害しないが臓器の周囲にある神経を刺激するもの」の2つに分類されています。それぞれどのようなものかチェックしていきましょう。

 

  • 腰椎を直接障害するもの

腰椎を直接障害するものとは、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄、背骨の骨折など腰椎に何らかの異常が生じている状態です。また骨への細菌感染やがんの骨移転といった命に関わる病気も含まれています。

 

  • 腰椎を障害しないが臓器の周囲にある神経を刺激するもの

この場合には、胃潰瘍など消化器系の病気、尿路結石など泌尿器系の病気、子宮筋腫など婦人系の病気などがあります。

 

上記のように腰痛の原因が特定できるケースは非常に稀で、ほとんどが原因を特定することができません。

当院では、腰痛の原因をさまざまな要因から推測し治療を進めていきますので、腰痛でお困りの方はぜひお問い合わせください!

お問い合わせはこちらから